中古マンションの探し方

不動産ポータルサイト

 中古マンションを探されている方は、まずはSUUMO、LIFULL HOME’S、yahoo不動産などの不動産ポータルサイトで探されて、気に入った物件があったらそこに記載されている不動産業者に問い合わせをされる方が多いのでは無いでしょうか?

 どのポータルサイトも条件の絞り込みもしやすく使い勝手も良いのですが、不動産ポータルサイトに載せるには不動産業者はポータルサイト運営会社(SUUMOであればリクルート社)に掲載料を支払わなければならないため、すべてのポータルサイトに掲載するのは難しく、定期的に細かく物件をチェックするには、いちいちいくつかのポータルサイトを巡回しなくてはなりません。

レインズと不動産ジャパン

 一方、レインズという国指定の不動産流通機構があり、不動産業者は基本的にレインズを用いて物件の検索をかけております。これは、不動産業者は一般のお客様より物件売却の依頼を受け仲介の契約(媒介契約と呼びます)を締結したら、期日以内にレインズへ物件情報の登録を行わなくてはいけない決まりになっている為です。多少のタイムラグは生じますが全ての物件情報はレインズに集約され、全国のどの不動産業者も全く同じ物件情報がレインズより取得出来る仕組みとなっているのです。

 レインズは不動産流通機構に登録した不動産業者しか閲覧することはできませんので一般の方は利用することが出来ないのですが、それに変わるWEBサイトとして「不動産ジャパン」という名称のサイトが存在します。このサイトは公益財団法人 不動産流通推進センターによって運営されており、消費者が安心かつ安全に不動産取引が出来る事を目的として作られている為、レインズとほぼ同等の物件情報が一般消費者の方でも検索出来るサイトとなっております。

不動産ポータルサイトと不動産ジャパンの違い

 不動産ポータルサイトと不動産ジャパンの違いは、運営者が一企業と公益財団法人という違いもあるのですが、不動産ポータルサイトでは同じ物件を何社も扱っているという事が少なくありません。不動産ジャパンでも同様の事はあるのですが、不動産ジャパンは売主から依頼を受けている業者のみが掲載出来るのに対して、ポータルサイトは売主から売却の依頼を受けていない業者でも、元の業者の了解が得られればポータルサイトに自社の紹介物件として掲載が可能となります。

 ちなみにこういったことは、物件を買いたくて探しているお客様からの物件問合せ連絡が欲しい業者(=買いの仲介手数料が欲しい業者)と、他社の手も借りて広く広告し、早く売却したい業者(=媒介の契約が切られる前に売りの仲介手数料が欲しい業者)の利害が一致する為に起ります。

不動産に掘り出し物なし

 不動産には掘り出し物がない、と言われており、これは、レインズで不動産業者が等しく情報を取得出来る為と、本当に良い物件情報はレインズ乗る前に不動産業者が手に入れてしまう為の2つに面からそう言われているのですが、少なくとも、不動産ジャパンを利用する事で不動産業者とは対等の物件情報を得る事が出来ますので、是非、有効に活用して納得の行く不動産取引を行なって頂ければと思います。