リノベーション会社の特徴

様々な会社がリノベーション業界に参入してます

 「リノベーション」と検索を掛けられたり、リノベーション系の住宅雑誌を購入された方は様々なリノベーションの会社があり、どの会社を選べば良いのか分からなくなる事が多いかと思います。

 リノベーションの業界自体は高々10数年の歴史しか無い業界なのですが、元々リフォームを得意としていた工事店はもとより、不動産業者や設計事務所、マンションデベロッパー、マンション管理会社など、日々多くの業者がリノベーション業界に参入し、競争が激しい業界でもあります。(私も前職はマンションデベロッパーのリノベーション部門の責任者でした)

親会社や経歴を見れば得意としている所が見えてきます

 多くの会社がありその会社の特徴を捉えるのが難しい業界ではありますが、リノベーション会社の親会社や経営者の経歴を見ると、得意としている部分が見えてきます。

 例えば、財閥系不動産会社が親会社であれば社内規定もしっかりとしており、保障面も安心出来る反面、使える材料や機器、器具類が限られており自由度に欠けるのと、事務所維持経費や宣伝広告費にお金を掛けておりますので、価格が高くなる傾向があります。

 また、会社規模が大きくなればなるほど分業化されて来ますので、営業担当者に伝えた事が設計担当者や現場サイドまで伝わっていないといったトラブルも起きやすくなります。

 元々リフォームが得意な工事店がリノベーションを行う場合は、デザインや設計部分の力が不足している可能性があります。特に住設機器の交換やクロスの張替えなどが得意である会社であった場合は、造作家具工事や造作建具工事など、大工さんや建具屋さんに加工してもらう様な既製品を使わない工事が出来ず、そういった要望が断られる可能性があります。

 ただ、職人さんに直に発注を掛けて工事店が現場管理を行いますので、工事費が他社と比べると安くなる事が多いのと、担当者に最初から最後まで見て貰える事が多いので、要望が現場に落とし込み易いという良い面もあります。

 他には設計事務所系のリノベーション会社もあります。こちらは2通りのやり方があり、工事まで全て請負う会社と工事は別の施工店と契約し、リノベーション会社には設計料やコーディネート料を支払うという方法です。

 特徴としては、設計の自由度が一番高く、デザイン力、設計力も高い会社が多いです。また、支給材の対応やDIY工事などに対応して貰える会社が多いので、自分で色々考えて作りたい、家づくりを楽しみたいと言った方にはお勧めです。

 ただし、こちらも財閥系不動産会社と同様に工事監督や職人を自分達で抱えている訳ではなく、工事は管理を含めて下請けの工事店に行って貰っておりますし、設計担当者の人件費やデザイン料も掛かってきますので、その分価格が高くなる傾向があります。(設計料と目に見える項目で出てこなくても、設計担当者やインテリアコーディネーターが付く場合は、諸経費などや全体の工事金額に上乗せされて含まれて来ます)

 マンションデベロッパー系のリノベーション会社というのもここ数年急激に増えて参りました。これは新築マンションが年々売れなくなってきており、成長著しい中古マンションのストック業界に活路を見出そうと各マンションデベロッパーが一斉にリノベーション業界に進出して来ている、という産業構造の変化に依ります。

 自社が建てたマンションの入居者には、馴染みのある会社でそのマンションの仕様もよくわかっておりますので、安心して工事がお願い出来るメリットはありますが、こちらも財閥系不動産会社と同様に、工事や設計自体も下請け業者にお願いしたり、会社の経費が掛かる業態ですので、基本的には工事費は割高になります。

 また、そのマンションを作った会社だからといって、実際の設計は別の設計事務所にお願いしておりますので、そのマンションを作った当時の設計内容や仕様を理解している人がいる訳では無いというのが実際のところです。

リノベーション会社の強みを理解した上で、コンタクトを取りましょう

 どんなリノベーションをしたいのかやどんな暮らし送りたいのかによって選ぶリノベーション会社も自ずと変わって来ます。どの会社も基本的には少しでも多くの仕事を請けたいと考えておりますので、相談をすれば自分たちの強みや特徴と多少合わなくても良い返事をしてしまう会社がほとんどです。

 業者の方が無理をして仕事を請けてしまうと、お願いした側がそのつもりが無くとも、納得のいかない設計や満足のいかない仕上がりになってしまうリスクが高まります。

 それぞれの会社の強みを生かせるリノベーション会社選びを行なって、リノベーションを楽しんで頂ければと思います。