スムスビ通信vol.6

(スムスビ通信vol.6 PDF版はこちら)

(チラシの表と8月のイベント案内はこちら)

 今回のスムスビ通信は8月のイベントと絡めて「夏休みの自由研究特集」 

 小中学生のお子さんがいるご家庭ではこの時期に頭を悩ますこともあると思いますので参考にして頂ければと思います。

「工作」もSDGsに関連させると

 

 スムスビではSDGsや地産地消の観点で埼玉県飯能の山で育った杉材を使った家づくりをお勧めしており、木工教室のイベントでも飯能産の杉材を使っているのですが、工作で使う材料もその材料がどこで作られた材料なのか、例えば「木」を使うのであれば日本で採れた木なのか、外国から運んできた木なのかを調べてあげることで、単なる工作から一歩踏み込んだ自由研究になると思います。

 また、使う材料によってはペットボトルや牛乳パックなどいつもなら資源ごみとして捨ててしまう物を工作の材料として再利用することで「リサイクル」や「SDGs」というテーマを付け加える事も出来、そのことを調べるてノートや模造紙にまとめるだけで工作とは違う別の自由研究がもう一つ出来て、一つの作品で二度美味しい自由研究にすることが出来ます。

「実験」は家族も楽しめる食べ物系がオススメ

実験系の自由研究を考えているご家庭もあるかと思いますが、食べ物系の実験がオススメです。例えばアイスクリームや豆腐など、普段食べているような物でも一から自分で作ってみることで、化学の知識を深めることも出来ますし、何よりも実験をしながら料理をするので、上手く出来れば家族で食べることも出来、家族みんなで楽し
むことが出来ます。

「観察」は近くの大きな公園に行ってみよう

 朝顔の観察などお家で出来る観察系の自由研究もありますが、折角なら近くの大きな公園に足を延ばしてみては如何でしょうか?例えば赤羽自然観察公園や赤塚公園、浮間公園荒川河川敷まで足を延ばすと普段目にしない動植物にも出会えるかも知れませんし、お父さんお母さんにも街の新しい魅力発見に繋がるかも知れません。

今回は8月という事で夏休みの自由研究についてお話させて頂きました。